主婦のカードローンは内緒で利用できますか

主婦が旦那に内緒でカードローンを利用する事はできるのでしょうか。
まず、申し込みのときにバレてしまうことは防ぐことができます。
最近になって貸金業法が改正されたことによって、主婦が借りることは難しくなりました。
貸金業法が適用される金融機関から借りるのは難しいと考えておかなければならないのですが、適用されなければ今まで通り借りることができます。
貸金業法が適用されない金融機関としては銀行があります。

ですから、まず銀行のカードローンを検討してみるのが良いでしょう。
提出する書類についてですが、源泉徴収票や確定申告書など、収入を証明する書類の提出が不要な銀行も多くあります。
この収入証明について把握しておくことは必要です。
収入証明については、提出しなければならない場合と提出しなくて良い場合とがあります。
主婦の場合、収入がなければ提出する事はできないのですから、提出が義務づけられている場合には借りることができません。

では、銀行では提出しなければならないのかどうかというと、多くの銀行では借入限度額によって異なっています。
借入限度額が小さい場合、提出しなくて良い場合が多いです。その金額についてですが、これは銀行によって異なっていて200万円から300万円くらいに設定されている事が多いです。
これくらい借りることができれば十分でしょう。ですから、申し込みをする時点で旦那にバレないようにすることは可能です。
申し込みさえできればバレないのかというと、そうではありません。

例えば滞納をすれば催促の電話はかかってきますし、書類が郵送されることもあります。
このようなことがあれば、バレてしまう可能性はあります。
また、利用明細書が郵送されてくるサービスでは、それが元で知られてしまうこともあるでしょう。
ですから、主婦がバレないようにするためには、明細書が郵送されないサービスを利用するのが良いでしょう。
ウェブ上で確認するサービスなどを利用するのが良いと考えられます。

主婦のカードローン利用にももちろん審査があります。
安心して借りられるようにぜひ目を通してみてください。